草津市・大津市で空気環境までこだわりの住まいを建てるならダイワ住研へ

ひげ社長のこだわり

お客様を取り巻く生活環境を少しでも改善する事により、快適・健康に生活でき、なおかつ大切な子供たちを安心して育てられ、次代に引き継げるしっかりした住まい作りを目指します。

  1. 大気汚染や花粉の影響を少しでも抑える
  2. 原発停止に伴う電気料金コスト上昇の出費を抑える
  3. 結露しにくく、カビの発生を少しでも抑える

お客様に快適・健康に生活して頂くため、絶対に必要な基本装備と確信しご提案致します。

1.住まいの気密化が必要な訳!

  • 隙間を少なくする事で、エネルギーを逃がさずエコで健康な住まいを実現する。
  • お家全体の温度差を少なくし、室温を保ち健康で快適な住まいを実現する。
  • 気密度を高める事で結露しにくい健康な住まいを実現する。

2.計画(気調型)換気が必要な訳!

  • 花粉や埃が屋外から侵入しにくい健康で快適な住まいを実現する。
  • 室内の空気汚染を改善し健康で快適な住まいを実現する。
  • 換気する事で損失するエネルギーを最小限に抑えてエコで賢い住まいを実現する。

3.住まいの高断熱化が必要な訳!

  • パッシブ(受動的な)概念でエネルギー消費を可能な限り抑えてエコで賢い住まいを実現する。
    (パッシブ=冬暖かく、夏涼しい快適で健康な住まいを低エネルギーで実現する)
  • 今後、起きるであろう電気エネルギー価格変動の影響を極力抑える賢い住まいを実現する。
  • 断熱性能を高める事で結露しにくい健康な住まいを実現する。

なぜ、高断熱なのか?

理由その1

断熱性能(断熱材)の秘密

ご存知でしたか?断熱材の基準は法律では決められておらず、一般の住宅は平成4年施工の「新省エネルギー基準」または平成11年改訂の「次世代省エネルギー基準」を基に現場にて施工されているのが現状です。
同様に、品確法の温熱環境の等級も、それぞれの年度に改訂された断熱基準が等級のランクになっています。
※だからお客様の大事な住まいを請け負う業者によって基準が曖昧なのです。

理由その2

気密性能の秘密

建物の外部との隙間の量で、数値的にはC値で表します。
数値が高い程建物の隙間が多く、数値が低いほど隙間が少なく快適な住まいといえます。
ちなみに昔の冬に寒い建物はQ値が低くC値が高い住まいです。

理由その3

結露の秘密

結露の種類は表面結露と内部結露の二種類に大別されます。
住まいに大きな問題を生むのは内部結露です。
発生の原因は主に断熱材と通気の施工不良と気密シートの有無です。

理由その4

換気の秘密

ご存知ですか換気方法に種類が在るのを!・・・第一種・第二種・第三種に大別されます。
住まいの換気が不足すると『健康』と『住宅の老朽化』に悪影響を及ぼします。
人間が一番体内に取り込んでいるのは空気です。・・・だから一番大事!

理由その5

遮音の秘密

ご存知でしょうが音は空気の振動により伝わるのですが、質量が軽い素材より重い素材の方が遮音性能は高いのです。
外から入ってくるのも、内から出ていくのも嫌ですよねー。

理由その6

窓性能のあれこれ

住まいへの熱の流出入が一番多いのが「窓」からというのはご存知ですか?
ちなみに夏の流入割合は70%前後、冬の流出割合は45%前後なのです。
室内樹脂サッシとLoweペアガラスの採用で光熱費37%節約できます。 (YKKデータ参考)

新築・リフォーム・増改築のご相談はお気軽に

パナソニックビルダーズグループ 株式会社ダイワ住研

お問い合わせ・資料請求フォーム

本社 〒525-0004 滋賀県草津市上寺町609-2

フリーダイヤル.0800-222-5559 TEL.077-568-8090

堅田事務所 〒520-0243 滋賀県大津市堅田1-2-13

TEL.077-573-7725

ページのTOPへ