草津市・大津市で空気環境までこだわりの住まいを建てるならダイワ住研へ

ただ今新築中

HOME > ただ今新築中(完工済み) > 大津市 O様邸新築工事 > 内壁下地クラック対策とは?

物件名: ただ今新築中(完工済み)

2020年4月4日

内壁下地クラック対策とは?

内部ボードを貼りました。

ダイワ住研では、継ぎ手減数施工をしています。

クロスのクラックがいく主要な場所として、プラスターボードの継ぎ手になります。

壁下地プラスターボード貼りは、壁紙施工後のクラックを防ぐ為、極力継手を減らすようにまたぎ貼り施工しています。

 

壁紙貼った後のクラックを防ぐため継ぎ手をずらすように施工しています。

 

留めつけオーバーピッチ予防として、壁下地プラスターボード貼りは、止付けビスのピッチが荒くならない様印付き材を使用してます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新築・リフォーム・増改築のご相談はお気軽に

パナソニックビルダーズグループ 株式会社ダイワ住研

お問い合わせ・資料請求フォーム

本社 〒525-0004 滋賀県草津市上寺町609-2

フリーダイヤル.0800-222-5559 TEL.077-568-8090

堅田事務所 〒520-0243 滋賀県大津市堅田1-2-13

TEL.077-573-7725

ページのTOPへ