草津市・大津市で空気環境までこだわりの住まいを建てるならダイワ住研へ

新築ギャラリー

HOME > 新築ギャラリー > 大津市 Y様邸 ~新築~ > 基礎配筋検査

物件名: 大津市 Y様邸 ~新築~

2015年9月17日

基礎配筋検査

配筋検査とは、鉄筋コンクリート造建物の工事において、

鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査です。

基礎配筋検査3

基礎配筋検査2

配筋とは、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置のことで、柱・梁・壁・スラブ・基礎など、それぞれの鉄筋の配置と、寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」といいます。また、コンクリートを打ち込む前に、この配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックすることを「配筋検査」といいます。

 

次は・・・コンクリートを打設して、養生を終えれば型枠を撤去する作業となります。

鎮めもの

鎮め物を埋めました。

(地鎮祭のとき、土地の神をしずめるために地中に埋めるものです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新築・リフォーム・増改築のご相談はお気軽に

パナソニックビルダーズグループ 株式会社ダイワ住研

お問い合わせ・資料請求フォーム

本社 〒525-0004 滋賀県草津市上寺町609-2

フリーダイヤル.0800-222-5559 TEL.077-568-8090

堅田事務所 〒520-0243 滋賀県大津市堅田1丁目10-11

ページのTOPへ